今日は昨日のチェアヨガクラスで体験した
思いやりの心を二つ
ご紹介したいと思います。

今晩は、チェアヨガインストラクターのラナです

皆さんは人の名前を覚えるのは得意ですか?
私は苦手ではありませんが
得意と言えるほどでもありません。

皆さんの中にも、苦手な方は
いらっしゃるのではないでしょうか?

昨日のチェアヨガレッスンでの事です。
チェアヨガクラスは高齢の方が殆どで
皆さん60代以上です。

その中にお一人、人の名前を覚えるのが
苦手な方がいらっしゃいます。
それでも一生懸命に
相手のお名前を呼ばれるのですが、
いつも間違えてしまいます。

私が訂正すると呼ばれたご本人が
「良いわよ名前ぐらい、顔を忘れられるより良いわ」
と仰いました。
これは私には無かった考え方で
とてもびっくりしました。

また、先月は関東地方に台風が直撃すると
天気予報で言われていた日が
丁度レッスンの時間帯でしたので
当日の朝に急遽中止のご連絡を
皆さんに電話したのですが
お一人だけ繋がらず
留守番電話にメッセージを残しました。

昨日のレッスン前にその方が
「先生の留守電、夜聞いたわ~
台風だしやらないと思って家に居ました」
と仰るので
「せっかく来たのに誰も居なかったって事に
なってなければ良いんですよ。」
とお伝えすると
「その時は買い物でもして帰るから大丈夫よ〜」

お二人とも、穏やかで優しい心をお持ちで
とても温かい気落ちになりました。

いつもちょっとした事で
カリカリしてしまう自分が恥ずかしいです。゚(゚´ω`゚)゚。
私より余程ヨガ的です。

そんな素敵な人生の先輩方に囲まれて
とても幸せに感じます。

いつも私の方がエネルギーを頂き
教えて頂いています。
このクラスが大好き💕

#武里

#チェアヨガ
#高齢者
#思いやり

カテゴリー: ヨガ

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です