歌って体を温めよう

ってどう言う事?

和室に集まった皆さんは
いつもレッスン前に料金をお支払下さいます。
ワンコインなので手と手が触れ合い
私の手に触れる皆さんは「あったかーい」と
言われるほどに冷えています。

レッスンが始まり暫くすると
手が温まってきたと仰る方もおり
終わる頃には皆さんほかほかで
笑顔になります。

しかーし。
寒い季節のヨガ
高齢の方は体が温まるまでに時間がかかります。
寒さで縮こまった体は呼吸も浅くなり
手足は指先まで冷え冷えです。
そこで私がレッスンに取り入れたのは・・・

歌♪

歌いながらヨガをする歌ヨガです。
「歌ヨガっていいよね」
テレビの歌番組を見ていた旦那からポロリと漏れた一言から、
レッスンに取り入れてみる事にしました。

確かに、深い呼吸をする為に歌は最適だと思います。
特に息をながーく吐き出す曲がお勧めですね。
アップテンポの曲よりもゆったりと一呼吸が長い曲

ヨガでは呼吸が大事と言いつつも
実際に呼吸を意識する事は難しいですよね
コアを使ったキツイポーズの時には
ついつい息を止めてしまいがちです。

特に高齢者さんは普段と変わりなくに呼吸されるので
こちらがカウントを取っても合わせられない方もいらっしゃいます。
でも歌ならどうでしょう?
こちらが言わなくとも皆さんメロディーに合わせて
自然と呼吸が深くなります。(*^_^*)

そして、だんだん楽しくなってくる
つらいポーズもあっという間!

皆さん実際、そう仰って下さいました。

深い呼吸が出来れば体内に酸素が沢山取り込まれ
血流が良くなり、老廃物も排出されやすくなります。
血流が良くなれば手足の末端も温まりやすくなりますね。

歌う事で顔の筋肉も使われて
表情も豊かになり、歌詞を覚える事によって
認知症予防にも効果的です。
すばらしい!!

今回私が選んだ曲は「ペチカ」
1番~5番までそれぞれが約30秒です

ポイントは長すぎず短すぎず
誰でも馴染みのあるゆったりした曲

皆さんもお試しあれ(*^。^*)

カテゴリー: ヨガ身体

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です