レッスン前に腰が痛いと訴えていたお客様
その日レッスンに私が選んだのは後屈系のポーズです。

えー!?腰が痛いのに後ろに反るの?
驚きましたか?果たしてその理由は・・・

今日のお客様はご常連1名様でした。
レッスン前に少しおしゃべりをしていると
しきりに腰を擦っています。

いつもと違う様子が気になり伺うと
腰が痛いと仰います。

毎週欠かさずレッスンに来て下さるのですが
腰の痛みを訴えられるのは初めての事でした。

少しお話を伺うと、ずーんと重い痛みではなく
刺す様な感じとの事。

う~ん。どうしよう。
普段座り仕事の為、全身が固まっているのは
容易に想像出来るのですが
腰痛経験の無い私には刺す様な腰の痛みは想像できません。

一瞬、迷います。迷いますが、意を決して後屈系で挑みました。
結果、レッスンの途中で症状を尋ねると
「そう言えば痛くありません」と忘れていた様子です。

レッスン後も全く腰の事には触れず
「来週もお願いします」と、元気にお帰りになりました。
良かった良かった\(^o^)/

さてここで、なぜ後屈なのか?ですが。
皆さんがお持ちのイメージ、後屈=腰を反らせる事
ではありませんか?

実は全く違うのです。
後屈は胸を開き、股関節を伸ばす事なのです。

決して腰を反らせてはいけません!!

腰の痛みは様々ですが、座り姿勢が長時間続く方は
姿勢が前かがみになりがちで
それに伴って背中側の筋肉が緊張して行きます。

このお客様は、腰の痛みを取るために
前屈などして腰を伸ばしたけれど改善しなかったと仰っていました。
実は逆効果なんですね。

今までなかった症状が出たのはおそらく冬の寒さも重なり
余計に体が縮こまっていたのでしょう。

こんな風に、タイミングが良ければマンツーマンで
症状に合わせたレッスンも可能です。

今ある症状を改善されたい方
正しい後屈を学びたい方
どうぞお気軽にいらしてみて下さい。
あなたのお越しをお待ちしております(*^。^*)

カテゴリー: ヨガ腰痛身体

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です