突然の胃痛 あなたは経験ありますか?

こんにちは、シニアヨガ
インストラクターのラナです。


今日は速攻改善
胃の痛みについてご紹介します。


あなたは胃が痛くなった時
どうされていますか?

大概の方が胃薬を飲むのではないでしょうか。
そもそも胃の痛みが
ストレッチで治るなんて
どういう事?ですよね。

気になる方は続きをご覧下さい。

私はしばしば胃痛に悩まされます
思えば社会人になったばかりの頃から
胃をギューッと握りつぶされるような
激しい痛みが突然襲ってくるのです。

 

当時は胃カメラの検査が怖くて
きちんと調べた事はありませんでしたが
一昨年、会社の健康診断で
ピロリ菌検査を受けたところ
陽性反応が出て、
内視鏡検査で
慢性胃炎が見つかり、
除菌すれば改善するとの
診断を受けました。

 

幸い除菌は一度で成功し、
その後は胃の調子がすこぶる快調でした^_^

 

ところが、最近
また胃が痛くなる事が
増えて来たのです。

 

一応体軸セラピストなので、
自分の不調は自分で治療します。
背骨のワークやみぞおちのワーク
胃に関係する体軸ワークをしても
痛みが激しい時は体が弛まず
(体軸的にはスティッフな状態)
思うような効果が出てくれません。

 

そして今日も朝から
胃痛が突然やってきました。
前日特に食べ過ぎたわけでも無いのに・・・
まだ激痛までは行っていないけど
これから仕事 いやだなぁと思いながら
電車に乗り 読んでいた本に
ふと眼が止まります。
何の気なしにある場所を
ほぐしてみました。

すると、ほんの数秒で
すぅっと痛みが消えて行ったのです。
その読んでいた本と言うのが

「10秒で絶好調になる 最強のストレッチ図鑑」です。
今メディアでも話題の1冊。
著者は体軸の先輩、
Twitterで11万超えのフォロワーを持つ
パーソナルトレーナーの 柴雅仁さん


読んでいたのは84ページ
ここは具体的なワークを
説明している箇所ではなく
文章だけのページなのですが
そこに書かれていたのは
胸と鎖骨が肩こりに及ぼす影響です。
え~やっぱり胃痛とは関係ないじゃん。
と、思いますよね^_^
いえいえ、ところがそうではないのです。

その理由を説明する前に
私の普段の姿勢を話す必要があります
もう少しお付き合い下さい。

 

私は平日フルタイム勤務の 会社員です。
ヨガのインストラクターは 週末だけで
普段は机にへばり付いて
パソコン作業が殆ど。
必然的に背中は丸まり
胸やお腹は縮こまります。
加えて移動時はリュックを背負い
早足でガンガン歩きます。
そしてそのリュックがまた 重いんです。(^^;)

この為私の背中は常に緊張状態で
アウターマッスルがガチガチに
硬くなっているんですね。
その背中のアウターマッスルを介して
首肩→胸→お腹と筋連鎖して
体の前側の筋肉も硬くなってしまいます。

実際ヨガのポーズでも
私は前屈系より後屈系の方が苦手で
足の付け根や胸、お腹が伸びません。

 

 

 

 

 

そして、縮こまった筋肉に潰された内臓が
悲鳴を上げて 胃が痛くなってしまったんですね。

電車内で鎖骨と胸の真ん中を
擦っている変な人と思われるのは
ほんの一瞬です。
嘘のように痛みが取れて
その日一日
胃痛に悩まされる事はありませんでした。

よって胸回りの硬さ
これが私の胃痛の原因だった
と言うわけです。


この様に、胃の痛みの原因が
必ずしも胃にあるとは限りません。
普段の貴方の生活習慣も
併せて考えるとヒントが
見つかるかも知れませんね。
だけどそれが分からないと言う方は
どうぞレッスンも受けてみて下さい

レッスンでは体軸理論を基に
介護予防、一生自分の足で歩く体づくりを
目指しています!


柴さんの本で紹介されていない
体軸ワークも体験出来ます!


最後までお読み頂き
ありがとうございました^_^


#10秒ストレッチ
#体軸コンディショニング
#シニアヨガ
#介護予防
#クロスポイント
#一生自分の足で歩く

ご予約はこちらからhttps://coubic.com/ease-yoga


0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です