こんにちは
シニアヨガインストラクターのラナです。

先日私は、自律神経の乱れから
パニックを起こしてしまいました。
これは特別なことではなく
皆さんも季節の変わり目
今の様な時期は要注意です。

- 一体何が起きたの?-

朝の出勤時
地元駅での出来事です。

今回私が襲われた症状は
突然不安が込み上げて来て
お腹が痛くなり
トイレに行くのですが
怖くて個室に居られない(^_^;)
心拍数が上がり
呼吸が乱れて
気を失いそうに…

家に帰りたいと思う反面
帰ったらこれがトラウマになり
二度と家から出られなくなる
と言う恐怖も浮かび

必死に落ち着こうと
試みるのですが
浮かぶ考えは全て
恐怖にしか繋がりませんでした。

これは自律神経の一つである
交感神経が高くなりすぎて
しまった状態です。

-自律神経って何?-

さてそもそも自律神経とはですが

「自律神経は私達の
生命維持活動を司る
大切な神経です。

自律神経が乱れると
身体にあらゆる不調を及ぼします

自律神経は自分の意思で
動かす事は出来ませんが
呼吸によって整える事が
可能と言われています。」

と言うのは私がレッスンで
皆さんに説明している内容です。
もっと詳しく知りたい方は
ネットや書籍などで
調べてみて下さいね。
沢山出てくると思います。

-症状が起きた時の対処方法は?-

今回私がこの自律神経を
乱してしまった原因は
複数有りますが
一つには更年期症状が有ります。

こればかりは自然の事なので
避けようが有りませんが
日常生活を見直してみると
そこに至った原因が見えて来ました。

まず食生活
次に心配事によるストレス
そして季節の変わり目です。

症状が起きた時
何を考えてもダメだったので
一度思考を遮断しようと
イヤホンを耳に押し込んで
大好きな音楽を聞きました。
後はひたすら呼吸に集中です。

落ち着いて来たところで
喫茶店に入りゆったりした
ソファーがあったので
10分程眠る事が出来ました。

目が覚めた時は
ずいぶん楽になってはいましたが
午前中は不安定な気持ちが続きました。

それでも仕事に集中していると
帰る頃には嘘の様に
普段通りの状態になっていました

-自律神経はシーソーではない-

しかし、帰宅してから
食事中にまた不安が襲って来たのです
どうやら交感神経と
副交感神経の切り替えが
上手く行っていないのではないかと
自分なりの分析です。

しかし、自律神経は
副交感神経が高ければ
良いと言うものではありません。

交感神経と副交感神経の
バランスが取れている事が大切です。

よく自律神経は
片方が高いともう片方は低い
シーソーの様に
例えられる事がありますが
これは正しい表現とは言えません。

どちらかが高い状態が良くないのは
皆さんも何となくは
想像がつくと思います。
実際にはどちらも低い場合も存在します。
どう言う状態かと言うと
体力がなく、疲れやすい
無気力等を引き起こします。
この状態がひどくなったのが
鬱病ですね。

-現代人は交感神経優位な環境-

自律神経は
どちらも高い状態にある事が
最も能力を発揮出来るのですが
現代人は1日の中でも
交感神経が優位な状態が
続いてしまう人が多いのではないでしょうか

仕事によるストレス
通勤時のストレス
社会での人間関係
育児や介護
夜遅くまで活動する人
良質な睡眠が取れていない人
食生活が乱れている人

上記の様な人は
交感神経が優位な状態にあり
自律神経が乱れる危険性が
潜んでいます。

この為巷では
副交感神経を高めようと言う
傾向にある様ですね。

-副交感神経が高まると何が良いの?-

簡単に言えば交感神経とは
逆の作用があります
血圧、心拍数を下げ
消化を促進したり
気分を落ち着かせます
体がリラックスすれば
眠りにつきやすくなり
疲労回復も期待出来ますね。

-自律神経を整えるには-

ではその自律神経
どの様にすれば整える事が
出来るのでしょうか?

精神状態が自律神経に
大きく影響を与えます。

あれ?逆じゃない?

では皆さん実際に試してみましょう
これから好きな人に告白しようと
想像してみて下さい
心臓がドキドキして来ませんか?

若しくはこれから大切な面接がある
会議で発表しなくてはいけないと
想像してみて下さい
鼓動が速くなったり
呼吸が浅くなったりして来ませんか?

この時自律神経は
交感神経が高まっています。

反対に緊張している時には
気持ちを落ち着かせようと
深呼吸をしますよね。

-手軽に出来る調整法-

やはり気持ちを落ち着かせるには
呼吸が一番効果がある事を
今回再認識しました。

後は思考を遮断するという事も
かなり有効です。

皆さんも不安になった時に
気持ちを落ち着けるツールを
いつでも使える様に
用意しておくと良いかも知れませんね。

因みに呼吸法は難しく考えなくてok
吸う時に吸う
吐く時に吐く
と頭の中で考えるだけです
他の事が浮かんで来ても
ひたすら、吸う吐く、吸う吐く
と呪文の様に唱えてみて下さい。
とにかく不安な気持ちから
少しでも早く考えを切り離す
それだけです。

-お客様と共に乗り越える更年期症状-

今回の体験で
益々ヨガの大切さを
体感しました。

この体験を9/15のレッスンで
参加の皆さんに
共有させて頂きました。

私のクラスには私と同年代や
それ以上の方々も多く
この日も
同じく更年期症状をお持ちの方が
来て下さっていました。
クラスの後にお話させて頂き
一緒に乗り越えていきましょうね〜
と、二人で励まし合いました。

 

-周りの助けも借りましょう-

また、一人で抱え込まずに
誰かに相談したり
お薬に頼るのも有りだと思います。

実際私は写真の漢方薬を
薬局で購入して来ました。
20代の頃からお世話になっている
個人薬局で
ご夫婦が私よりも少し年上なので
奥様がご自分で服用されている薬を
ご自身が試した感想と共に
説明して下さるので
安心感が違います。

普段はドラッグストアで
済ませていますが
こんな時は、信頼できる
個人薬局を持っていると
頼りになりますよ^_^

更に、ヨガのレッスンで
呼吸法や内観を練習する事で
パニックになりそうな自分を
上手にコントロール出来るように
なれると安心ですね

運動不足解消だけではない
プラスの効果を実感する
レッスンのご予約は
こちらからどうぞ‼︎

参考図書

女性の自律神経の乱れは腸で整える

更年期症状
自律神経失調症
不安症
不眠
高齢者
ヨガ
シニアヨガ
北区王子
春日部市武里


0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です